登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

シリア化学兵器調査 ロシアが日本案に拒否権

© AFP 2021 / Louai Besharaシリア
シリア - Sputnik 日本
フォローする
国連安全保障理事会で、シリアでの化学兵器使用を調べる国連と化学兵器禁止機関(OPCW)の共同調査団の人気を暫定的に30日延長する日本提出の決議案に、ロシアが拒否権を行使した。スプートニク特派員が伝える。

スプートニク日本

賛成は12国。拒否権を持つロシアとボリビアが反対。安保理常任理事国の中国は棄権した。

ロシアのネベンジャ国連大使は、調査団の権限延長は調査団の作業方法の根本的な欠陥が修正された場合のみ可能だと述べた。また、ロシア案は国連安保理で「いまだテーブルの上にある」と指摘した。

トルコ大統領 米国のシリアのダーイシュ(IS)支援を断言 - Sputnik 日本
トルコ大統領 米国のシリアのダーイシュ(IS)支援を断言
ネベンジャ氏は、調査団の「活動再開を案じている人が本当にそれを望むなら、彼らにはこの決議案に対する有意義な作業に加わる機会がある」と述べた。

スプートニクが入手した米ホワイトハウスの代表の声明には、米国が採決の結果を受けて、調査団の権限延長を求め続けるとし、「米国は、化学攻撃実行の責任者を見つける重要な作業と、犠牲者のための公正な裁き、化学兵器の使用は誰にもどこでも許されないという明白な信号を続けるため、国連安保理による調査団の権限再開を求めるため、止まることはない」とある。

日本案は、国連安保理で16日に米国案もロシア案も否決された後に採決された。米国案はロシアが拒否権を行使。ロシア案は必要な9カ国の支持を得られなかった。

関連ニュース

ラブロフ外相 シリアの米軍駐留は合法的との声明を「非現実的」

シリア、ラッカからの「ダーイシュ」戦闘員避難作戦に関する詳細が明らかになる

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала