消息不明のアルゼンチン潜水艦 捜索続く

アルゼンチン海軍は、消息を絶った潜水艦「サンフアン」と連絡を取ろうとしている。捜索には数か国とNASAが加わった。

スプートニク日本

アルゼンチン海軍の報道官は、潜水艦からと見られる信号を7回受信したと述べた。

4秒から36秒続く複数の衛星信号は、複数の海軍基地で5時間にかけて受信された。

スウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォール氏 - Sputnik 日本
デンマーク警察 行方不明ジャーナリストの身元確認
潜水艦は15日、ウシュアイアで演習に参加したあとマル・デル・プラタに向かい、アルゼンチンの沖合432キロを航行中に連絡が取れなくなった。潜水艦には44人の乗組員が乗っている。

捜索には米国、英国、チリなど7カ国が参加している。

捜索にはアルゼンチン海軍や同国の飛行機、ヘリコプターに加えて、米海軍のP-8Aや、沈没した物体すら検出可能なセンサーを備えたNASAの哨戒機「P-3オライオン」が加わった。捜索海域へと英艦船も派遣されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала