ドイツの連立交渉が決裂 メルケル首相窮地へ

© AFP 2022 / John MACDOUGALLドイツの連立交渉が決裂 メルケル首相窮地へ
ドイツの連立交渉が決裂 メルケル首相窮地へ - Sputnik 日本
ドイツのメルケル首相は、議会での過半数を得て強固な政権の設立を目指し、少数政党の自由民主党(FDP)および緑の党との連立交渉を続けていたが、FDPが交渉から離脱したことで決裂し、成立には至らなかった。同党のリントナー党首の発言を引用したシュピーゲル誌が伝えた。

スプートニク日本

メイ首相 - Sputnik 日本
英保守党の議員40人、メイ首相の退陣を求める
FDPは19日から20日にかけての夜、メルケル氏率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)および緑の党との連立協議から離脱した。
連立協議は9月の議会選挙後間もなく開始され、数週間続いていた。
リントナー党首は「我々が選出されたのは何かを変えるためだった。だがこれ(交渉)は成功しなかった。間違った政策を行うぐらいなら、政権を担わないほうがよい」と発言した。
メルケル氏は今後、シュタインマイヤー大統領と面会する予定。少数与党内閣であれ再選挙であれ、まずは議会での首相選出の手続きを経る必要があり、大統領が首相を任命することになっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала