統合失調症治療のユニークなアプローチが見つかる【動画】

英国の専門家が、コンピューター上の顔「アバター」と話すことで、統合失調症患者が「頭の中の声」に対処することを助ける療法を開発した。

スプートニク日本

米軍決定で精神的な問題のある兵士も入隊可能に どのようなリスクが考えられるか - Sputnik 日本
米軍決定で精神的な問題のある兵士も入隊可能に どのようなリスクが考えられるか
論文は科学誌『The Lancet Psychiatry』に掲載された。

論文が指摘するところ、統合失調症患者の4人に1人は治療にも関わらず幻聴を経験している。

実験には18歳から65歳の、統合失調症スペクトラム障害や情動障害を持つ患者150人が参加。参加者は半分に分けられ、75人が精神科医の治療を、残りの参加者が「アバター治療」を受けた。参加者は全員、薬を摂取し続けた。

第2グループは半月間、毎日アバターと会話。アバターの話す内容は自動ではなく、隣の部屋にいる医者が、患者の幻聴の特徴に合うよう声とフレーズを変え話していた。

実験の結果、劇的な改善が見られた。患者たちはアバターと話すことで、立ち向かうことを学んだ。研究者によるとこれは、頭の中の声が完全にコントロールされているという考えにシフトする。

12週間後にはアバター治療を受けた75人の7人から幻聴が消えた。一方、精神科医のもとで治療を受けたグループから幻聴が消えたのは2人だった。

関連ニュース

どのようなお酒が攻撃性を呼び起こすのかが明らかになる

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала