妊娠中の主な危険性が発表される

オーストラリアの学者たちによると、妊娠中の喫煙は胎児の脳性麻痺の発症につながる危険性がある。Frontiers in Molecular Neuroscience誌に掲載された論文の中で述べられている。

スプートニク日本

学者らによると「観察により、未来の母親は子供に害を与えないために妊娠の数か月前あるいは数年前にタバコをやめた方が良いことが示された」という。ポータルScience Alertが伝えた。

神経科学:妊娠は2年間にわたり女性の脳の構造を変容させる - Sputnik 日本
神経科学:妊娠は2年間にわたり女性の脳の構造を変容させる
研究では、タバコの煙の影響を受けた母親から生まれた子供は手足が弱く、記憶力が悪いことが示された。

学者たちは、母親が喫煙すると胎児に必要な量の酸素が奪われてしまうと考えている。

例えば記憶や運動を司る脳の部分の細胞が「酸素および血流の飢餓状態」となって酸素不足となることで、細胞が壊死する危険性がある。専門家らは、脳性麻痺の発症につながるプロセスも同様の形で起こると指摘している。

関連ニュース

男児出産のわずか6日後に双子の女児出産、中国

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала