テロ過激派、エジプトのモスク爆発テロ事件を非難

© AFP 2022 / Stringerテロ過激派、エジプトのモスク爆発テロ事件を非難
テロ過激派、エジプトのモスク爆発テロ事件を非難 - Sputnik 日本
エジプト北東部シナイ半島のモスク(礼拝所)で発生したテロを巡り、国際テロ組織アルカイダ系の過激派「イスラムの兵士」など2組織が26日までに、礼拝施設での殺すのを強く非難した。共同通信が伝えた。

米ニューヨーク ショッピングセンターで発砲 2人が負傷
スプートニク日本

なお、イスラム教寺院で24日に発生した爆発テロ事件に関与した過激派15人が殲滅された。

「ダーイシュ(IS,イスラム国)」系組織と敵対関係にある「イスラムの兵士」は声明で「神はイスラム教徒の血を流すことを禁じている」と強調し犯行グループを非難。もう一つの組織「アンサール・イスラム」も26日の声明で、モスク襲撃を非難した。

エジプトのシシ政権は、シナイ半島を中心に過激派組織の掃討作戦を続けてきた。

先にエジプトの地中海に面する都市アリーシュのイスラム教寺院で爆発テロが発生した。金曜礼拝の最中にテロリストらが寺院に突入し、爆破装置を作動させ、さらに逃げ出す信者らに向かって発砲した。現時点では305人が死亡、約130人が負傷。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала