衝突起こした米駆逐艦フィッツジェラルド さらに損傷

© Flickr / Matthew Fern米駆逐艦フィッツジェラルド(アーカイブ)
米駆逐艦フィッツジェラルド(アーカイブ) - Sputnik 日本
今年夏、コンテナー船との衝突事故を起こした米ミサイル駆逐艦フィッツジェラルドが今度は輸送船への荷積みの際にさらに別の損傷をつけてしまった。ビジネスインサイダーが報じた。

スプートニク日本

ビジネスインサイダーによると、フィッツジェラルドが損傷をつけたのは船体の修繕のためにミシシッピー州への出版準備を行っていた最中。米海軍の広報部は、この損傷を修繕するためにフィッツジェラルドは出帆予定の数日間延長を迫られたことを明らかにした。

6月、フィッツジェラルドは横須賀基地から50海里の地点でフィリピン船籍のコンテナー船ACXクリスタルと衝突事故を起こしていた。衝突は米海兵7人が死亡、3人が負傷するという大惨事に発展した。

関連記事

米海軍第7艦隊 戦わずして破砕か【オピニオン】

駆逐艦フィッツジェラルドの事故: 実際の戦争に耐えられるのかが疑問視される【オピニオン】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала