露大統領府、北朝鮮のミサイル発射にコメント

CC0 / Pixabay / クレムリン
クレムリン - Sputnik 日本
ロシアは、北朝鮮による新たなミサイル発射を非難する。ロシアのペスコフ大統領報道官が発表した。

スプートニク日本

ペスコフ報道官は「言うまでもなく、今回のミサイル発射は挑発行為であり、更なる緊張の高まりを煽り、危機的状況解決の始まりの時期に我々を押しやる」と指摘した。

北朝鮮「新たなミサイルは米国のあらゆる地点に到達可能」 - Sputnik 日本
北朝鮮「新たなミサイルは米国のあらゆる地点に到達可能」
ペスコフ氏はまた、ロシアは今回の発射を非難すると述べ、「朝鮮半島情勢が最悪のシナリオに沿って進まないために必要なだけの平静を全当事者が保つこと」に期待していると強調した。

29日未明、日本と韓国の軍事当局は北朝鮮でミサイルが発射され、日本の沿岸から210キロ離れた日本海に落下したことを確認した。韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮により発射されたICBMは高度4500キロに達し、960キロの距離を飛行したと発表している。

関連ニュース

ロシア外務省 北朝鮮弾道ミサイル発射実験にコメント

日本、12月の安保理議長国で北朝鮮へさらに圧力強化へ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала