登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アルゼンチン潜水艦乗員に生存のチャンスはある 米海軍

© AP Photo / Argentina Navy潜水艦「サンフアン」
潜水艦「サンフアン」 - Sputnik 日本
フォローする
アルゼンチンの潜水艦「サンフアン」の乗組員44人は消息を絶って15日が経過したものの、以前として「極限的なサバイバル」のチャンスを有しているとの見方を表した。米南方海軍司令部のエリック・レイノルドス代表がスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

「これだけの時間がかかっていることは生存を難しくしているが、それでも常に極限的に生き残る可能性は存在している。」

行方不明になった潜水艦「サンファン」の捜索活動中にマルデルプラタのアルゼンチン海軍基地の近くで祈る人々 - Sputnik 日本
行方不明のアルゼンチン潜水艦「サンファン」の捜索活動
レイノルドス代表は同時に、乗組員らが生き残ることのできる日数はあと何日かなどと賭け事のようにとらえるべきではないとし、「救難救助ミッションはまだ続けられている」と答えた。

バルト海艦隊の司令官を務めた(2001年から2006年)ウラジーミル・ヴァルエフ提督はスプートニクからのインタビューに対し、バッテリーから漏れた水素が爆発し、火災が起きたのが事故の原因ではないかとの見方を表し、この際生じた塩素が乗員の死因となったのではないかと語っている。

ヴァルエフ提督は、バッテリーを充電しようと潜水艦がある深さまで浮上した段階で船内に船外からの水が入り、塩素が生じた恐れがあると説明している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала