北朝鮮、ミサイル発射台を「好きなだけ」製造できると発表

北朝鮮は29日に発射したミサイル「火星15」用の発射台を独自製造し、ミサイル自体は自らの努力と技術を使って100パーセント開発された。朝鮮中央通信が、ミサイル発射に関する報道の中で伝えた。

スプートニク日本

米大統領が中国に警告 北朝鮮へ原油供給停止なき場合、米国が状況の舵をとる - Sputnik 日本
米大統領が中国に警告 北朝鮮へ原油供給停止なき場合、米国が状況の舵をとる
朝鮮中央通信は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「このような機械を国が望む数だけ製造できること、軍需産業が国産を基盤に機械の全要素を100パーセント製造することの保障で飛躍を遂げたことに満足の意を表した」と伝えた。

また「火星15」ミサイルは、「自らの努力と技術を使って100パーセント開発された」兵器だと指摘されている。さらに朝鮮中央通信は「わが国は今やさらにもう一つの(中略)新型の大陸間弾道ミサイルを有している」と発表し、それは「超大型重量級核弾頭の搭載が可能」で「米本土全域を攻撃できる」と伝えた。

また朝鮮中央通信によると、ミサイルの発射実験では命中精度が確認されたという。

関連ニュース

トランプ氏、金正恩氏をロケットマンや病気の子犬

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала