言論の自由擁護が理由 露下院への米国人記者の出入りが禁止

© Sputnik / Vladimir Fedorenko / フォトバンクに移行露下院
露下院 - Sputnik 日本
ロシア下院(国家会議)は米国のすべてのマスコミの下院への出入りを禁ずる。下院規則管理委員会のオリガ・サヴァスチヤノヴァ委員長がこの決定を明らかにした。

スプートニク日本

下院規則管理委員会では今週月曜27日に同法案が検討され、翌28日に下院会議の審議を経た後、29日には下院総会で検討された。下院は同様の措置を地方議会でも採択するよう進言している。

マクドナルドとKFC - Sputnik 日本
マクドナルドもKFCも外国エージェントと認定へ 露下院から提案
サヴァスチヤノヴァ委員長は週明けにも法律は発効することを明らかにし、これは米国議会がロシアのRTの記者の記者証をはく奪したことへの報復措置だと説明した。

「我々はこれを下院会議、総会の検討にふすことで、民主主義の価値である言論の自由、客観的情報を得る権利への由々しき侵害について独自の見解を表している。」サヴァスチヤノヴァ委員長はこう述べた。

現在、外国マスコミ記者らは外務省発行の記者証を有しており、これを提示することで議会への自由な出入りを許可されている。

米国で活動するRTの記者らは、同TV局が外国エージェントと認定された後、米議会によって記者証をはく奪された。記者証はく奪はロシアのマスコミに圧力を講じる米政権の政策の延長となった。

関連ニュース

米国におけるRTとスプートニクの活動抑圧に同種の報復:ジャーナリストにとって「外国エージェント」認定は何を意味するのか

通信社スプートニクの米議会アクレディテーションが剥奪される

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала