米ハワイで冷戦後初、核攻撃警試験 北朝鮮警戒

CC BY 2.0 / U.S. Army/Terry Rajsombath / U.S. Best Squad - Day 2米ハワイで冷戦後初、核攻撃警試験 北朝鮮警戒
米ハワイで冷戦後初、核攻撃警試験 北朝鮮警戒 - Sputnik 日本
米ハワイ州全土では1日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に発射される大陸間弾道ミサイル(ICBM)による核攻撃を想定した警報サイレン試験が実施した。冷戦終結後、初めて。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

ハワイ州緊急事態管理局によると、今回は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射してから約20分以内にミサイルがハワイに到達するシナリオを想定。発射後の5分以内にハワイに拠点を置く米太平洋軍が軌道などを分析し、住民らに15分以内にコンクリート製建物に避難するとしている。

サイレン試験は後程、毎月初に行われる予定。共同通信によると、危機管理を担うハワイ州の緊急事態管理局が、北朝鮮の核・ミサイル開発を「新たな脅威」として復活を決めた。

北朝鮮は29日早朝、弾道ミサイルの発射実験を行った。米国防総省が発表したミサイルについての初期分析の結果では、発射されたのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)1発。韓国軍合同参謀本部の分析では、高度約4500キロまで達し、水平方向へ約960キロ飛行したとみられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала