米NSA元職員、自宅での機密情報保管を認める

© AP Photo / Patrick Semansky米国家安全保障局(NSA)
米国家安全保障局(NSA) - Sputnik 日本
米国家安全保障局(NSA)の元職員が違法に自宅のコンピューターでNSA機密情報を保管していたと認めた。米司法省が明らかにした。

スプートニク日本

問題となっているのは、2010〜2015年に国防問題など「特別プロジェクト」に取り組んでいたギア・フォー容疑者(67)で、政府の極秘情報や「特別保管モードの機密情報」へのアクセス権を持っていた。フォー容疑者は紙ないしデジタル形式の機密文書の多くをコピーし、メリーランド州にある自宅のコンピューターに保存していた。

区裁判所は来年4月6日に判決を下す。最大で懲役10年の判決となる。

米国家安全保障局 - Sputnik 日本
数十万人の外国人が米国家安全保障局の追跡対象に CNN報道
ニューヨーク・タイムズによると、フォー容疑者は海外のコンピューターをハッキングし情報を収集するNSAの特別チームでソフトウェア開発者として勤務。同紙は政府筋の話として、フォー容疑者はコンピューターにカスペルスキー・ラボのアンチウイルスソフトをインストールしており、結果としてコピーした文書が盗まれたと伝えた。

ウォール・ストリート・ジャーナルは10月、外国のコンピューターネットワークへの侵入に関するNSAのデータが、カスペルスキー・ラボのアンチウイルスソフトを用いたロシアのハッカーによって盗まれたと報じた。同紙は匿名の情報筋の話として、NSAのある契約社員のコンピューターから2015年に盗まれたと主張した。

その後、ウイルス対策ソフト会社「カスペルスキー・ラボ」の創設者エヴゲーニー・カスペルスキー氏はAP通信に、ユーザー向けの標準的なウイルス検索をしている最中に「カスペルスキー・ラボ」が米国家安全保障局(NSA)に関連する機密フィイルを入手したと語った。カスペルスキー氏はアナリストらに情報を「すぐに削除」するよう指示したという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала