中国で自動運転バスの試験運行が始まる【写真】

中国の広東省深セン市で2日、自動運転路線バス4台の試験運行が始まった。新華社通信が報じた。

スプートニク日本

自動運転バスの大きさは一般的なバスよりも小さく、1.2キロの所定ルートを時速10キロから30キロで走行することが可能。

​バスにはレーザーセンサー、カメラ、GPSアンテナが装備されており、歩行者、自動車、障壁などとの衝突を避けたり、安全な体制で車線変更をしたり、特定の場所で停車することがプログラムされている。

​なおバスは自動運転だが、非常事態の際にバスを手動運転に切り替えたり、ブレーキをかける必要がある場合に備えて車両にはドライバーが乗る。

関連ニュース

ロシアの無人バス「マトリョーシカ」が極東でテスト

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала