NASA、地球から最も離れた探査機エンジン作動に成功 37年ぶり

NASAが、米探査機ボイジャー1号のエンジンを37年ぶりに動かすことに成功した。

スプートニク日本

NASAがサイトに掲載した発表には「37年使わなかった後で未だに機能しているこのエンジンのお陰で、ボイジャー1号の運用期間が2,3年伸びた」とある。

木星 - Sputnik 日本
NASA、木星の風変わりな雲の画像を公開【写真】
ボイジャー1号は1977年9月に打ち上げられ、今日、地球から最も遠くにあり、最も長く運用されている宇宙機となっている。

ボイジャー1号は地球から210億キロのところを飛び、時速6万1000キロで太陽系の境に接近し続けている。

関連ニュース

「ボイジャー1号」 打ち上げから40年 いつ星に到達するのか?

NASA、最高のツイート入り「タイムカプセル」を宇宙に打ち上げ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала