カムチャッカ・シヴェルチ火山の噴煙 1万メートル上空まで 【動画】

© 写真 : Roscosmos/Fyodor Yurchikhinカムチャッカ・シヴェルチ火山の噴煙 1万メートル上空まで
カムチャッカ・シヴェルチ火山の噴煙 1万メートル上空まで - Sputnik 日本
ロシア極東カムチャッカ半島にある活火山のシヴェルチ山が噴火し、火山灰を海面から1000メートルの高さまで噴き上げた。ロシア非常事態省カムチャッカ支部が伝えた。

スプートニク日本

支部が発表した報告書によれば、噴火が起きたのは火曜日で、噴煙は火山から北東方向に流れた。

シヴェルチ火山はカムチャッカ半島にある火山のなかでは最北端に位置し、同半島内で最大の火山とされる。火山に最も近い居住区は45キロ離れたクリュチ・ウスチ=カムチャツキー地区で、人口およそ5000人。2009年5月から火山活動が活発化している。

火山関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала