カムチャツカのクリュチェフスキー火山から約1ヶ月ぶりに火山灰

© Sputnik / Nachinkin M / フォトバンクに移行資料写真
資料写真 - Sputnik 日本
カムチャツカ半島のクリュチェフスキー火山が、約1ヶ月ぶりに火山灰を噴出した。このため、火山周辺を航行する航空機に対し、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードが設定された。ロシア科学アカデミー火山地震研究所のカムチャッカ火山噴火対策チーム(KVERT)リーダーのオリガ・ギリナ氏が伝えた。

スプートニク日本

同氏によると、6日午前の衛星画像でクリュチェフスキー山から灰状の帯が東方向170kmにわたり延びている様子が認められた。また同山の監視映像より、灰の高さは海抜約5千kmに達したこともわかった。

クリュチェフスキー山の標高は4750メートルで、ユーラシア大陸最高峰の活火山とされている。

関連ニュース

カムチャッカ・シヴェルチ火山の噴煙 1万メートル上空まで 【動画】

カムチャッカ カリムスキー火山 超2千メートルの噴煙

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала