スプートニクの別のパートナー企業も外国エージェンシーとなる可能性がある 米司法省

© Sputnik / Igor Russakスプートニク
スプートニク - Sputnik 日本
通信社スプートニクのラジオ番組をAMの周波数で放送している米国のMulticultural Radio Broadcasting (MRBI)社が、米司法省から外国エージェントとして登録される可能性について警告を受けた。

スプートニク日本

スプートニクは、米司法省の書簡のコピーを入手した。書簡には、同問題を決定するための追加情報の提供要請も含まれている。

MRBIは、米国でスプートニクの番組を放送している2番目の外国エージェント登録対象企業となる可能性がある。

プーチン氏 - Sputnik 日本
プーチン大統領 RTとスプートニクの活動に「脱帽する」
なお世界中の多くの企業と協力しているスプートニクは、米国で外国エージェントとして登録されていない。米当局からそのような要請は受けなかった。

先に米司法省は1938年に成立した外国エージェント登録法に基づき、RT Americaを外国エージェントのリストに加えた。その後、RT(ロシア・セヴォードニャ)の米議会アクレディテーションが剥奪された。

RTおよびスプートニクのマルガリータ・シモニャン編集長は、RTは登録を受け入れるか、あるいは裁判を起こすかの選択を行ったと指摘し、これを受け、皮肉を込めて「米国の言論の自由」とそれを信じているすべての人を祝福した。

なおロシア司法省はロシアメディアに対するこのような措置に対抗し、米国企業9社を外国エージェントのリストに加えた。

関連ニュース

ロシア 外国メディアを「外国エージェント」と認定するための改正法案 上院でも可決

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала