英国の外科医、レーザー光で患者の臓器に自分のイニシャルを入れる【写真】

© Ivan Rudnev / フォトバンクに移行手術
手術 - Sputnik 日本
英国の外科医がレーザーを用いた手術で患者の臓器に自分のイニシャルを入れたことを裁判で認めた。テレグラフ紙が報じた。

スプートニク日本

メキシコで世界一体重が重かった男性のバイパス手術が成功 - Sputnik 日本
メキシコで世界一体重が重かった男性のバイパス手術が成功【写真】
サイモン・ブラムホール医師は2013年2月と8月に肝臓移植の手術中にレーザー光で患者の肝臓に自分のイニシャルSBを入れた。

ブラムホール医師は裁判で、「暴行」の罪は認めたが、体に害を加えた罪は認めなかった。

レーザー光は、肝臓の出血を止めたり、手術部位にしるしをつけるために使用される。通常、その痕跡はしばらくすると消える。

だが1人の患者の痕跡が消えずに残っており、再び手術を受けた時に別の医師によって発見された。

​検察は「これは非常に珍しく、複雑な事件だ」と指摘し、同様のケースは刑法上かつてなかったと述べた。

​ブラムホール医師はバーミンガムにあるクイーン・エリザベス病院に12年間勤務していた。

判決は1月12日に言い渡される見込み。

関連ニュース

オペ中に外科医カップルが大喧嘩【動画】

当局に認可された高精度手術用ロボット 米国で使用開始へ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала