ミサイル防衛構想、巡航ミサイルも迎撃対象か 日本政府が検討

© AP Photo / Vadim Ghirdaイージス
イージス - Sputnik 日本
日本政府は防衛計画の大綱に、弾道ミサイルに加えて巡航ミサイルも迎撃対象とする新構想「統合防空ミサイル防衛(IAMD)」の組入を検討している。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」導入はIAMDの一環で、19日に閣議決定する。

放物線を描くため軌道が予測しやすい弾道ミサイルに対し、巡航ミサイルは途中の軌道変更が可能で、低空飛行のためレーダーでの捕捉が難しい。

Membres des forces d'autodéfense japonaises - Sputnik 日本
日本、過去最高5兆1900億円の防衛費を計画
中国が近年、高速・長射程の新型巡航ミサイルの開発に力を注いでおり、それがIAMD検討の背景にある。

IAMDは米国防総省が巡航ミサイルや無人機などへの対応を目的に2013年に発表した構想。
構想の中枢は次期迎撃ミサイル「SM6」が担う。現在イージス艦に配備中の「SM3」は弾道ミサイルに対し、SM6は巡航ミサイルにも対応可能。日本政府は来年度予算案の概算要求に関連予算を盛り込む。

IAMD構想実現のため米軍と自衛隊の連携が課題となるが、米軍の情報をもとに自衛隊がミサイルを発射すれば「武力行使の一体化」につながる可能性があり、そうなれば憲法9条に抵触する。改良が進むミサイルの迎撃成功度や費用など、懸念要素は多い。

関連ニュース

日本がロシアに見出すのは戦略的な関係、或いは脅威をもたらす存在か

米軍岩国基地、北朝鮮攻撃の足場になるか

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала