骨格に肉が残っている「恐竜の死骸」 インドで発見【動画】

© AFP 2022 / Arno Burgi 骨格に肉が残っている「恐竜の死骸」 インドで発見【動画】
骨格に肉が残っている「恐竜の死骸」 インドで発見【動画】 - Sputnik 日本
インド北部ウッタラカンド州の変電所で電気技術者によって発見された動物の死骸が、恐竜を思わせるものだとして研究者らを困惑させている。

スプートニク日本

ティラノサウルス - Sputnik 日本
「世界一恐ろしい音」 研究者がティラノサウルスの唸り声を再現【動画】
肉食の獣脚類(陸上に生息していた二足歩行恐竜)は6500万年前に絶滅した。古生物学者らは、唯一残っている骨と化石に甘んじなければならない。ところが、今回見つかった獣脚類に似た動物の死骸には肉が保存されており、他と類を異にしている。

研究者らは、この死骸についての必要な調査が全て終了するまで、結論を出すことを避けている。デリー大学で古生物学を教えるアーリアン・クマル氏は、恐竜の肉が6500万年間にわたって保存される可能性を否定している。

発見された死骸は3種の恐竜--デイノニクス、コエロフィシス、ドロマエオサウルス--のうちの一つである可能性がある。少なくとも、それらに非常によく似ている。

英タブロイド紙「デイリー・メール」によると、専門家らは状況を冷静に分析することを呼びかけており、この死骸が洞角類(ウシなど)に属する動物の突然変異した胎児のものであるとの説を唱えているという。

関連ニュース

モンゴルで新種の恐竜の化石発見

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала