米国で新しいペットの「ミニチュア牛」が人気

© 写真 : Facebook/ Dustin Pillard米国で新しいペットの「ミニチュア牛」が人気
米国で新しいペットの「ミニチュア牛」が人気 - Sputnik 日本
米アイオワ州の農場経営者ダスティン・ピラードさん(46)は成長後も通常の犬と大きさが変わらない小型牛を繁殖させている。ピラードさんによると、マンションで飼いたいとする都市住民の間で人気があるそうだ。

スプートニク日本

Metro紙によると、ミニチュア牛はペットとして人気のミニブタにも決して劣らない。ピラードさんは小型の牛を1990年代初めに農場マーケットで初めて見たことがあり、アイデア自体は新しいものではないと話す。経緯については「自分でもこのような動物が欲しいと思った。数年後、数エーカー分の土地を購入し、繁殖を始めた」と説明。そして彼の手によって誕生した牛はみな健康で陽気な性格をしていることから、育種実験はかなり上手くいっていると主張する。

「散歩好きで、食べ物をもらったり、人間と触れ合い構ってもらうことも気に入っており、まるで犬のようだ」(ピラードさん)

ピラードさんによれば、ミニチュア牛は成牛でも体高は89センチ以下だという。

関連ニュース

英国に住む「世界一獰猛なカメ」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала