北朝鮮 米国主導の核開発問題協議を拒否

© REUTERS / KCNA北朝鮮(アーカイブ)
北朝鮮(アーカイブ) - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、国連安全保障理事会での同国に対する制裁決議の動きを米政府が主導しているとみなし、核開発計画に関する米国との対話に同意しない。北朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が社説で報じた。

スプートニク日本

同紙では「攻撃的な交渉事によって朝鮮半島情勢緊迫化の責任を我々に負わせようとする状況では、我々もまた、我が国の核開発計画廃止を協議する対話や、いかなる前提条件なしでの交渉というティラーソンの提案に同意しない。これに関連したホワイトハウスの動きは、我が国に対する海上封鎖など過酷な措置を含む国連安保理『制裁決議』の実行に向けた試みである以外に考えようがない」と主張。

これに先立ち、ティラーソン米国務長官は、米国は北朝鮮問題の外交的解決と建設的な交渉の実施に同意していることを表明していた。

関連ニュース

北朝鮮、国連安保理を「米に追従」と非難

米政府:「ワナクライ」によるサイバー攻撃の責任は北朝鮮に

防衛相「北の挑発を容認できず」米海軍トップに連携を強調

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала