新たな強襲揚陸艦 年末までにロシア海軍に軍備【動画】

© Sputnik / Igor Zarembo / フォトバンクに移行強襲揚陸艦プロジェクト11711「イワン・グレン」
強襲揚陸艦プロジェクト11711「イワン・グレン」 - Sputnik 日本
ロシアの統一造船会社のアレクセイ・ラフマノフ社長は、強襲揚陸艦プロジェクト11711「イワン・グレン」が年末までにロシア海軍に引き渡されることを明らかにした。

スプートニク日本

ラフマノフ社長によれば、強襲揚陸艦プロジェクト11711「イワン・グレン」は2004年に造船が開始されたものの、実際の海上実験は昨年2016年6月になってようやく開始されていた。

統一造船会社では国防省からの発注でプロジェクト11711の枠内でさらにもう1艘、強襲揚陸艦「ピョートルモルグノフ」が建造中で、艦隊への引渡しは2018年になる見込み。

プロジェクト11711はパラシュート部隊の降下、軍事機器、設備の運送を行う揚陸艦。最多で300人の海兵隊、装甲車36台または戦車13台の積載が可能でパラシュート部隊輸送用ヘリコプターを搭載している。

関連ニュース

ロシアの最先端原子力潜水艦、進水式に向けて準備

ロシア海軍の新世代砕氷船が進水式

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала