ゲーム障害は精神疾病に認定へ 2018年中旬から

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行ゲーム障害は精神疾病に認定へ 2018年中旬から
ゲーム障害は精神疾病に認定へ 2018年中旬から - Sputnik 日本
世界保健機関(WHO)のタリク・ヤシャレビチ報道官は、ゲーム障害が新たな疾病に定義され、国際疾病分類第11版に加えられると明らかにした。

スプートニク日本

生放送 - Sputnik 日本
有名ゲームディレクターが暖炉の前でぼんやり座って10時間 30万人が視聴【動画】
ヤシャレビチ氏は「ゲーム障害は、ゲームプロセスに対する抑制が乱され、ゲームが他の関心や日常の活動より優先され始めるほど、他の種の活動と比べゲームの優先順位が高まることを特徴とするゲームマニアの行動の例として国際疾病分類第11版に記載される」と述べた。

WHOによると、ゲーム障害と診断するには患者の人生の個人、家庭、社会、教育、職業ないし他分野に影響を及ぼす上記の行動図式が少なくとも1年間観察される必要がある。

関連ニュース

「The Game Awards」受賞作発表

ポケモン探しがゲーマーの健康にプラスの効果を与える

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала