モスクワで日本の民話を上演【写真・動画】

ロシアで舞台俳優として活躍している折田智水さんが10日、モスクワの「アパルテー」劇場で日本の民話「鶴女房」を題材にした劇を上演した。NHKニュースが伝えた。

スプートニク日本

劇は「鶴」という名称を付けられ、鶴が農家の男性に助けられ、恩返しに女性になり訪れる日本の民話「鶴女房」を題材にした公演。劇はロシア語で上演された。

Публикация от Alina Sklyarova (@lamia_fire) Май 24, 2015 at 11:15 PDT

 

鶴女房役を演じたのは、モスクワで舞台俳優として活躍している折田智水さん。折田さんはロシア人のアレクサンドル・イワシンさんによる尺八の演奏に合わせて演じた。

折田さんは、2018年に露日交流年が行われることについて「まさに日露の文化交流を深める年なので、これからも日本の文化を知ってもらえる催しを企画していきたい」と述べた。

露日交流年の開会式が5月26日にモスクワのボリショイ劇場で行われ、交流年のプログラムには多岐にわたる活動分野の行事が300件以上含まれている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала