米国防総省、新世代潜水艦の情報歪曲を暴かれる

米国会計検査院(GAO)は、最新のコロンビア級潜水艦で使用されている技術に関するリスクを米国防総省が過小評価したと判断した。なお国防総省は、GAOの声明を否定している。Warrior Mavenが伝えた。

スプートニク日本

GAOは、国防総省が発表したコロンビア級潜水艦の性能や、その建造コスト及び装備期限に疑念を抱く報告書を発表した。

Баллистическая ракета подводного базирования Trident D5 - Sputnik 日本
軍事専門家らが指摘 正真正銘の核戦争誘発の恐れ 米国の低出力核弾頭
国防総省はGAOのクレームに対し、海軍はコロンビア級潜水艦の費用、履行予定、その構造に関するリスクを含む潜水艦の性能に関する状況を管理下に置いているとの声明を表した。

コロンビア級潜水艦は、オハイヨ級潜水艦の後継となる。発表されている性能によると、潜水艦の全長は約170メートルで、全長13.4メートルの3段式弾道ミサイル「トライデントII」の垂直発射筒は16基となる。米国はコロンビア級潜水艦を12隻建造する予定で、1番艦は2028年までに完成させる計画。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала