露大使館、スプートニクのパートナーに対する米国の「外国エージェント」登録の要求を批判

© Sputnik / Konstantin Chalabov露大使館、スプートニクのパートナーに対する米国の「外国エージェント」登録の要求を批判
露大使館、スプートニクのパートナーに対する米国の「外国エージェント」登録の要求を批判 - Sputnik 日本
在米国ロシア大使館は、通信社スプートニクのパートナーであるRIA Globalに対して「外国エージェント」としての登録を求める米国の要求は露米関係を損なうとの声明を表した。

スプートニク日本

RTアメリカ - Sputnik 日本
RTアメリカ、外国のエージェントとして登録
ロシア大使館は、米国の行動を容認することはできないとし、これは「露米関係へのもう一つの打撃」との考えを表している。また大使館は、このような決定は「米国の国益にかなっておらず、米国の威信や権威を失墜させるだけだ」との確信を示している。

また大使館は、「ジャーナリストの権利擁護を使命とする権威ある国際組織」が、今回の出来事に反応しなかったことを指摘し、彼らは間もなく「米当局の軽率な行動に対する必然的な対抗措置」に対してロシアを激しく批判し始めるだろうとの見方を示した。

大使館は、ロシアは報道の自由の制限に反対しており、これは外国人ジャーナリストの活動にも関係すると強調した。

先に米司法省は、国際通信社・ラジオ局「スプートニク」向けにコンテンツを制作している企業「RIA Global LLC」に対し、外国のエージェントとして登録するよう義務付けたと公式に通告した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала