フランシスコ法王、核戦争の勃発を真剣に危惧する

ローマ法王フランシスコは、核戦争が没発する可能性を真剣に危惧していることを認めた。

スプートニク日本

15日、フランシスコ法王はローマからサンティアゴへ向かう機内で記者団に「そうだ。私は実際に恐れている。我々は瀬戸際にいる。戦争を引き起こすための出来事は十分にある。そして、そのような動きの後、状況が崩れ落ちる危険性がある。そのため武器を廃棄し、核軍縮のために努力することが不可欠だ」と述べた。

ローマ法王 - Sputnik 日本
ローマ法王、システィナ礼拝堂で「遠慮せず授乳を」
なおフランシスコ法王の指示により、法王の訪問に同行している記者たちに、1945年8月の米国による原爆投下後に長崎で撮影された写真が配布された。法王は写真の裏側に「戦争の果実」と書いた。同行するイタリアメディアの関係者が伝えた。

関連ニュース

ローマ法王 新たな戦争阻止を呼びかけ

バチカン、たばこ販売禁止へ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала