ニューラルネットワーク 読解テストで人間を凌駕

中国のインターネット会社「アリババ・グループ」の専門家らが創設した人工ニューラルネットワーク(ANN)がテキストの読解テストで人間を上回る成績を挙げた。スプートニクが報じた。

スプートニク日本

用いられた読解テストは、スタンフォード大学の「スタンダード・クエスチョン・アンサー・データーセット (SQuAD) の作成したもので、テキストの認知度を調べるテストとしては世界で最も難解なものに数えられている。

SQuADは10万を超すQ&Aを含む情報集大成。ウィキペディアの500を超す記事に土台を置いて作られている。

アリババの発表によれば、同社のソフトは1月11日に実施されたテストの結果、82.44ポイントを記録し、同テストに参加した人間の最高記録の82.304ポイントを超えた。

関連ニュース

人工知能が人類を超える日が明らかに

30年後にどんな職業がなくなるか?

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала