日本、ほえる列車でシカとの接触事故を防ぐ

© AFP 2022 / Toru YamanakaПоезда линии Яманотэ в Токио
Поезда линии Яманотэ в Токио - Sputnik 日本
日本で、シカと列車の接触事故を防ぐため、列車に犬の吠え声とシカの鳴き声を組み合わせた音を流すスピーカーに搭載された。BBCが朝日新聞の報道を基に報じた。

スプートニク日本

鉄道総合技術研究所(RTRI)は、3秒間のシカの鳴き声で注意を引いてから、犬の吠え声を20秒間流すことでシカは逃げると説明する。

シカが集まる時間帯に実験を行った結果、目撃数が半減した。効果が証明されれば、シカが頻発に出没する地点で自動再生装置を設置する方針だ。

シカが線路に近寄るのは、鉄分摂取のため車輪と線路の摩擦による鉄くずをなめるためだという。

日本の国交省によると、2016年にシカとの衝突事故は613件確認された。

関連ニュース

妊婦と席を譲りたい乗客をマッチングするチャットサービス 東京の地下鉄で実験開始

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала