ザギトワがメドベージェワを抜いて首位 フィギュア欧州選手権ショートプログラム終了【写真・動画】

© Sputnik / Vladimir Pesnyaザギトワ選手
ザギトワ選手 - Sputnik 日本
モスクワで開催中のフィギュア欧州選手権では、女子ショートプログラムはロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)が1位を占めた。ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手(18)は首位には及ばず、2位につけた。

スプートニク日本

ザギトワは自己最高記録の80.27を獲得。世界最高記録はメドベージェワ選手が2017年世界選手権でとった80.85で今回のザギトワも破れなかった。

2位のメドベージェワは78.57を獲得。

3位にはイタリアのカロリーナ・コストナー選手(30)が78.30で入った。

ロシアのソツコワ選手は68.70で4位。

フリープログラムは2日後の20日(土)に行われる。

© Sputnik / Ramil Sitdikovアリーナ・ザギトワ選手
アリーナ・ザギトワ選手 - Sputnik 日本
アリーナ・ザギトワ選手

骨折が原因で名古屋でのグランプリ出場を見送り、本選手権にのぞんだメドベージェワ選手はショートプログラムの演技が終了後、怪我の後遺症は一切感じなかったとコメントした。

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行メドベージェワ選手
メドベージェワ選手 - Sputnik 日本
メドベージェワ選手

ロシアフィギュア連盟会長、日本選手は「本当に立派!」 - Sputnik 日本
ロシアフィギュア連盟会長、日本選手は「本当に立派!」
メドベージェワ選手は「今日は怪我の後遺症は感じなかった。健康状態は全く大丈夫。心配しないでください」と述べたうえで、演技については「ショートプログラムの滑りには満足していない。それでも万事良好にするため、ねじを締めなおす時間はあるわ」と付け足した。

ザギトワ選手はここ半年、めきめきと力をつけ、グランプリファイナルロシア選手権と重要度の高い大会での優勝が続いたことから、メドベージェワ選手の最大のライバルと噂されてきた。本選手権はザギトワ、メドベージェワという同じ監督につく最強選手がそろって出場することから、スポーツ紙には「女王対決」というタイトルが踊っていた。

ショートプログラム終了後、ザギトワ選手はメドベージェワ選手との対決について、「トレーニング時から常に一緒に滑っており、競い合うといっても普段と何ら変わりはありません」と答え、「私はメドベージェワ選手とは第1に良い友達で、次にライバル同士なんです」と語っている。

関連ニュース

メドベージェワとザギトワ 初対決へ

これは誰? メドベージェワか、ザギトワ、それともソツコワ?【テスト】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала