登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「敗者のやること」 ホワイトハウスが政府機関閉鎖に追い込んだ民主党を非難

© AP Photo / Jacquelyn Martin米財務省
米財務省 - Sputnik 日本
フォローする
現地時刻で19日深夜(日本時間20日14時)、米連邦政府機関は予算不足のために閉鎖を余儀なくされた。米上院では政府へのつなぎ予算の法案が民主党議員らの反対で採択されなかった。現在、新たな法案について話し合いが続けられている。

スプートニク日本

ホワイトハウスは、民主党が政府機関への妨害を狙って上院で展開した政策は『敗者のやること』と非難している。

ホワイトハウスのサラ・サンドレス公式報道官は、民主党は「我が国の国家安全保障、軍人の家庭、傷つけられやすい子どもらの利益や全米国民のために働く可能性よりも政策を優先した」と指摘し、「これは敗者が議事進行を妨げる行為であり、立法者のやることではない」と非難した。

U.S. President Donald Trump departs for holiday travel to his Mar-a-Lago estate in Florida, from the White House in Washington, U.S. December 22, 2017 - Sputnik 日本
米議会 トランプ氏に核兵器使用を禁ずる法案の再考を促す
米議会下院ではこれより前、10月の会計年度開始後、すでに4度目となる暫定予算を採択していた。暫定予算の期限は2月18日に迫っている。これに対し、上院では民主党の反対で予算法案の採択が遮断。100議席のうち60票を集めないと採択は不可能であるのに対して、共和党が有しているのはわずか51票。民主党議員らは暫定予算にホワイトハウスと共和党が異議を唱える移民への措置を含めるよう主張している。

米国連邦政府機関が大統領府と議会の意見の相違から予算が成立せず、作業停止に追い込まれた例は1977年から2013年の間に少なくとも17回起きている。この間、政府機関が味わった財政難の期間は様々で、最短で3日、最長記録では1995年12月15日から1996年1月6日までの21日間だった。

こうした事態では米政府は通常の業務を一時停止せざるを得ず、特務機関、ホワイトハウスも含め、様々な機関の公務員らは無給休暇に入った。一方で、国家安全保障、外交活動を担当する省庁では米国連邦法の規定通り、こうした事態でも業務は滞りなく続けられる。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала