市長の一蹴りは「力検査」

インドネシアにマタラム市の市長は「力と忍耐力の検査」と称して警官たちを殴った。

手荒い検査を実施したのはアヒヤル・アブドゥフ市長。自身、カンフーなど格闘技の技を習得している。社会秩序局の新職員就任式にオフィサーらを一列に並ばせるとその胸に足でキックを食らわせた。

その模様がインターネットで公開されるとこうした「検査」を行うなど、市長という地位にふさわしい行為ではないとして、多くの市民から批判が飛んだ。ところが社会秩序局の代表らの見解はその逆で、オフィサーらはこうした「検査」を通過したことを喜んでいると語っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала