米企業、最高到達点更新のためオフロード車を開発【写真】

スーパーカーを製造する米企業「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)」が、車の最高到達点を塗り替えることだけを目的とするオフロード車を開発した。

スプートニク日本

プロジェクトでSCGは2つのモデルを考案。1点目は2ドア、2点目は4ドアタイプ。前者はスティーブ・マックイーンに敬意を表し「Steve」という名前で、後者は「Expedtion」という名前だ。

日本の自動車産業の偉大な伝説トップ10【写真】 - Sputnik 日本
日本の自動車産業の偉大な伝説トップ10【写真】
記録挑戦の時期は明らかではない。現在の車の最高到達点は標高6688メートル。1986年生産のスズキ・サムライがチューンアップされ、2007年に樹立した。記録を樹立した場所は世界一高い火山であるチリのオホス・デル・サラード。

SCGは、およそ7000メートルの高度を目指していると明らかにした。

関連ニュース

中国、6輪ジープが登場

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала