米軍ヘリ不時着「私は心配していない」=ネラー米司令官

© 写真 : Sputnik / Anastasia Fedotova沖縄でプロテスト
沖縄でプロテスト - Sputnik 日本
米海兵隊のネラー司令官は25日、ワシントンでのシンポジウムで演説し、日本沖縄県で米軍ヘリの不時事件を巡って「海外で起きた不時着のニュースが流れているが、非常に率直に言って不時着で良かった」と述べた。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

沖縄県では米軍機によるトラブルが相次ぎ、23日に渡名喜村で普天間飛行場(同県宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリが不時着したばかり。

この事件についてネラー氏は「誰も負傷しなかったし、機体も失わなかった。私は心配していない」とし、対応が不要という見方を示した。

統合参謀本部のマッケンジー中将は不時着について「危険な飛行活動を示すものではない」とし、「同盟国である日本を支援するため、乗員の訓練飛行を継続する必要がある」と述べた。

しかし、日本側は心配を示している。沖縄県の翁長雄志知事は24日に「米軍が制御不能になっている。管理監督が全くできない」と批判し、「まさしく米軍全体がクレイジーになっている」と強調

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала