なぜこの人は溶融金属に手を突っ込んでも火傷をしないのか?【動画】

© Sputnik / Aleksandr Kondratyuk / フォトバンクに移行金属加工
金属加工 - Sputnik 日本
アルメニアの工場労働者が、熱されてマグマのように溶けた金属を触っても火傷を負わないことも可能であることを示した。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

アルメニアの鋳造工場で撮られた動画で、チューブを流れる液体金属の流れを男性が数度、手で叩く様子が映されている。

その後、男性は手をアップで見せ、全く火傷を負っていないことを示す。

​これはライデンフロスト効果で説明できる。それによると、手の表面にある水分が超高温の物質に接触した際に水蒸気の層を作る。そのため一瞬の間、手の表面がやけどを負うことが防がれるのだ。

鋼鉄や鉄は1400度から1600度で液体になる。

関連ニュース

中国の運転手 映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の離れ業で崖からの転落を免れる

ウイングスーツ着用のダイバーが飛行中の航空機から山頂めがけて滑空【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала