米下院議員、政権による対露制裁導入拒否に憤り

© AFP 2022 / Saul Loebトランプ氏
トランプ氏 - Sputnik 日本
米下院のエリオット・エンガル議員(民主党)は、トランプ政権が29日に新たな対ロシア制裁を承認しなかったことに対し憤りを表明する声明を発表した。声明は下院外交委員会のウェブサイトに掲載されている。

スプートニク日本

ロシア国防省のアントーノフ次官 - Sputnik 日本
駐米大使「露を制裁で怯えさせることはできず」
この中でエンガル氏は、「2016年に米国の民主主義を攻撃した責任のある者に対し、法に従って厳しい措置をとるかどうかについて、トランプ政権は決断を下す必要があった。政権はその代わりに、ロシアが再びその責任を免れることを許した」としている。

エンガル氏は、この政権が自国を守るまでこれ以上待つつもりはないとも述べ、この状況において議会がさらなる行動を起こす時が来たとしている。

米国務省は29日、対ロシア制裁の有効性に関する機密報告を議会に送った。報告書は、兵器供給に向けた輸出契約が締結されなかったことによるロシア政府の損失は数十億ドルに上ると主張している。

関連ニュース

米財務省、「クレムリン・リスト」にロシア指導部全員、ほぼ全大企業の幹部名連ねる

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала