中国、露米の「核の脅し」から逃れるため核ポテンシャル強化へ

© REUTERS / Damir SagoljОфицеры во время репетиции военного парада в Пекине
Офицеры во время репетиции военного парада в Пекине - Sputnik 日本
中国は、ロシアと米国の「核の脅し」から逃れるために自国の核ポテンシャルを強化する必要があると発表した。30日、中国人民解放軍のホームページにこれに関する報告書が掲載された。

スプートニク日本

報告書によると、中国は「他の大国からの核の脅しを逃れる」ために核ポテンシャルを強化する必要がある。報告書では、ロシアも米国も核兵器を放棄していないと強調されている。また米国は今後30年で核兵器開発に1兆2000億ドルを費やし、ロシアも米国につづいて2021年までに自国の核トライアドに占める最新兵器の割合を90%まで高めるために軍の近代化を始めたと指摘されている。

なお報告書では、中国は国が侵略を受けた場合を除いて核兵器を「先に使用しない」という原則に一貫して従っていると強調されている。

先ほど、中国は軍事分野での応用に向けて人工知能と量子技術の発展を促すため、代表的な研究機関での活動に専門家120人を選抜したと明らかになった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала