登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

翁長知事、首相答弁を批判 「沖縄県民をないがしろ」

© AFP 2021 / Toru YAMANAKA沖縄
沖縄 - Sputnik 日本
フォローする
沖縄県の翁長雄志知事は3日、安倍晋三首相が衆院予算委員会で、沖縄の基地負担軽減が進まなかった理由に、日米間の調整や本土の理解を挙げたことに関し「県民をないがしろにしていたことを示す、理不尽なものだ」と述べた。同県名護市で記者団に語った。

スプートニク日本

首相は2日の予算委で「日米間の調整の難航や、移設先となる本土の理解が得られないなど、さまざまな事情で目に見える成果が出なかったのは事実だ」と答弁していた。

名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設について翁長氏は「(首相答弁は)抑止力や軍事的合理性より、政治的な理由が重要だったことを示唆している」と指摘した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала