登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

三菱自動車、米国でリコールへ サンルーフとブレーキに不具合

フォローする
三菱自動車は、走行中に外れるおそれがあるガラスのサンルーフと機能しない場合があるパーキングブレーキの修理のため米国にある22万7000台の自動車をリコールする。

スプートニク日本

最初のリコールでは2007年から2010年に生産されたアウトランダー、2008年から2010年のランサー、2009、10両年に生産のランサー・エボリューション、2010年生産のランサースポーツバックの計5万7000台ほどが対象となる。

Отозванное детское молоко компании Lactalis во Франции - Sputnik 日本
83カ国で危険なベビーフード1200万箱以上回収へ
外れて事故の原因になるおそれがあるサンルーフのガラスは交換される。

2回めのリコールは2014年から2016年に生産されたアウトランダー、2013年から16年に作られたアウトランダー・スポーツの計17万台強が対象になる。

水がリアブレーキキャリパーに入り込み、パーキングブレーキのシャフトが腐食することで正常に機能しなくなり、ブレーキが効かなくなる可能性がある。

必要に応じてブレーキブーツ、レバーキャリパーボディ、ピストンアセンブリが取り替えられる。

リコールは3月27日に始まる。

関連ニュース

タカタ製エアバッグでトヨタが米国で60万台超をリコール

日産 ロシアで約12万8000台をリコール

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала