登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

韓国海軍、改良型フリゲート艦を進水

フォローする
韓国海軍に、仁川級フリゲートの改良型、FFG818「大邱」が配備された。ロシアのメディアが報じた。

スプートニク日本

2013年から16年にかけて韓国海軍は仁川級フリゲート6隻を進水させた。2016年から18年にかけてはネームシップである今回の大邸号に加え、さらに7隻の建造を予定している。

ショイグ国防相 - Sputnik 日本
露国防省:露軍には昨年5000以上の最新の兵器類が供給された
大邸号のネームシップの全長は仁川級フリゲートと変わらず122メートルだが、装備は格段に増強されている。

同艦には艦体艦ミサイル「海星」、そして地対空・対艦・巡航・対潜ミサイルの使用を可能にする「韓国型垂直発射システム(KVLS)」が搭載されている。

関連ニュース

中国、近代化されたユニークなミサイル「空母キラー」の実験を行う

米でロボット「潜水艦ハンター」の実験が行われる【動画】

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала