CAS 五輪出場資格はく奪のロシア選手47人の訴えを却下

© AFP 2022 / Fabrice CoffriniCAS 五輪出場資格はく奪のロシア選手47人の訴えを却下
CAS 五輪出場資格はく奪のロシア選手47人の訴えを却下 - Sputnik 日本
スポーツ仲裁裁判所(CAS)は平昌五輪への出場権を奪われたとして控訴していたロシア人スポーツ選手らの訴えを退けた。CASのマシュー・リブ事務局長が明らかにした。

スプートニク日本

IOCがロシア選手15人を不参加 CASの「白」裁定も役に立たず - Sputnik 日本
IOCがロシア選手15人を不参加 CASの「白」裁定も役に立たず
リブ事務局長は記者団に対し、「本日、CASの特別部署は五輪出場権をはく奪された32人のスポーツ選手の控訴申請を却下した。また他の15人の国際オリンピック委員会(IOC)を相手取って起こしていた訴えも却下された」と語った。

CASが訴えを却下したロシア人選手は韓国からロシア国籍へ帰化したヴィクトル・アン選手ら32人。

この32人はIOCに対し、平昌五輪への参加資格停止処分取り消しを訴えていた。

さらにもうひとつ、15人のロシア人選手からなる原告団はIOCがCASの肯定的な判決を無視して五輪参加を許可しなかったとして、これを訴えていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала