登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

平昌五輪のロシア出身メダル獲得選手、ドーピングを疑われる

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行Российские спортсмены Анастасия Брызгалова и Александр Крушельницкий, завоевавшие бронзовые медали в турнире по керлингу в дисциплине дабл-микст, на церемонии награждения на XXIII зимних Олимпийских играх
Российские спортсмены Анастасия Брызгалова и Александр Крушельницкий, завоевавшие бронзовые медали в турнире по керлингу в дисциплине дабл-микст, на церемонии награждения на XXIII зимних Олимпийских играх - Sputnik 日本
フォローする
アナスタシヤ・ブリズガロワと共にダブルスカーリングで平昌五輪銅メダルを獲得したロシア出身の五輪選手(OAR)のアレクサンドル・クルシェルニツキーのドーピング検査結果に問題が生じた。ロシアのスポーツニュースサイト「スポーツ・エクスプレス」が報じた。

スプートニク日本

同サイトによると、クルシェニツキーのあるサンプルからメルドニウムの陽性反応が検出された。調査のため、クルシェニツキーのところにドーピング検査官が向かった。一方、この問題に関する公式情報はまだない。

ロシアカーリング連盟のドミトリー・スビシチェフ会長は「まだこれは噂のレベルだ。これを裏付ける正式な情報は一切ない。コメントを出す前に、確認された情報を待ちたいと思う」と述べた。

関連記事

平昌五輪で初めてのドーピングは日本選手

「これは蔓延」:2011年世界陸上に出場した選手の半数が薬物使用を認める

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала