登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

人工知能、地震学者より17倍の地震検出が可能に

© AFP 2021 / Anthony WallaceСпасатели выходят из здания Yun Tsui, которое поддерживается подпорками после землетрясения городе Хуалянь, Тайвань
Спасатели выходят из здания Yun Tsui, которое поддерживается подпорками после землетрясения городе Хуалянь, Тайвань - Sputnik 日本
フォローする
アルゴリズム「ConvNetQuake」は、地震学者が従来の機器を用いるより17倍多い地震を検出した。唯一の改良点は、可能なのは地震を検出することだけで、予測はできないことだ。サイト「Futurism」が報じた。

スプートニク日本

地震は普通思われているより頻繁に起きている。南カリフォルニアだけで年間1万回の地震が起きており、米国中部ではさらに回数が増える。地震の多くは普通は気づかないものだが、その性質を注意深く研究する必要がある。研究により、未然に防ぐこと、あるいはせめて適時住民を避難させることで被害を最小限にできないかが理解できる。

日本沖の超火山の危険性は?地質学者が予測 - Sputnik 日本
日本沖の超火山の危険性は?地質学者が予測
Futurism」によると、ティボー・ペロル氏率いる研究チームは、何倍にも地震検出を改良する人工知能(AI)を用いる方法を発見した。特別なアルゴリズム「ConvNetQuake」は震動記録を分析し、揺れがただの「ノイズ」か地震と見なせるのかを判別する。この2つの判別は常に問題だったが、「ConvNetQuake」は判別に容易に対処可能だ。

ニューラルネットワークを学習させるため、研究チームはオクラホマ州の地震活動を用いた。アルゴリズムは地震学者が従来の機器を用いる17倍多い地震を発見するようになった。唯一の問題は、地震を検出することはできるが、予測することはできないことだ。しかし、適時に出す地震警報は、人々がパニックに陥らずに不可欠な措置を講じる助けになる。更なる研究がアルゴリズムの効率性を証明すれば、アルゴリズムは米全土で導入される。

「ConvNetQuake」は複数の大型地震が起きると予測されている2018年には特に役に立つと見られる。米国の研究者は、地球の自転速度の周期的な変化により、人口密度の高い熱帯をはじめとする場所で今年の地震活動は大きく増えると警告する。

関連ニュース

2018年、大地震の発生数は2倍増 研究者らが予測

豪州 サメからビーチを守れ 人工知能とドローンで空から監視へ

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала