スポーツ仲裁裁判所のアンチ・ドーピング当局、カーリング選手クルシェルニツキーに対して訴訟を起こす

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行スポーツ仲裁裁判所のアンチ・ドーピング当局、カーリング選手クルシェルニツキーに対して訴訟を起こす
スポーツ仲裁裁判所のアンチ・ドーピング当局、カーリング選手クルシェルニツキーに対して訴訟を起こす - Sputnik 日本
スポーツ仲裁裁判所(CAS)のアンチ・ドーピング当局は、平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したロシアのアレクサンドル・クルシェルニツキー選手に対して訴訟を起こした。CASのホームページで発表された。

スプートニク日本

審理の日程は今のところ不明。

18日、ロシアからの五輪選手(OAR)の広報担当コンスタンチン・ヴィボルノフ氏は、平昌五輪でロシア人選手が反ドーピング規則に違反した疑いが持たれていると伝えた。なお選手の名前も出場種目も発表されなかった。

クルシェルニツキー選手はアナスタシア・ブリズガロワ選手と平昌五輪カーリング混合ダブルスに出場し、銅メダルを獲得した。

話題のスポーツニュース&関連ニュースはぜひ、「スプートニク日本」のオリンピック特集ページでご覧ください

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала