記者に「殺すぞ」の西宮市長、辞職願を提出

今年1月、記者に暴言を吐き、「殺すぞ」と述べた西宮市長が、辞任願を出した。共同通信が19日に報じた。

スプートニク日本

今村岳司市長(45)は当初、今年5月の任期まで退任を予定していなかった。しかし、1月の仕事始め式で市長選に立候補しないことを表明すると、式の後に読売新聞の記者が真意を確かめに近寄った。そこで市長は暴言を吐いた上で、「殺すぞ」と脅した。後に市長は読売新聞大阪本社に謝罪文書を提出した。

市長と記者には前年から確執があったと見られる。今村市長によると、記者が以前にも休暇中の今村氏の家を訪れ、取材を取ろうとした。この行動もまた、市長から否定的な反応を引き起こした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала