登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ソニー、AIを使用した配車システムを開発

© REUTERS / Issei KatoСтоянка такси в Токио
Стоянка такси в Токио - Sputnik 日本
フォローする
日本の電機メーカー「ソニー」は、タクシーを迅速に呼ぶ独自のシステム開発を始めた。ニッケイ・アジア・レビューによると、ソニーの配車サービスでは、タクシー需要が増える場所を予測する人工知能(AI)が使用される。

スプートニク日本

アナリストらによると、予測をする際には、過去の乗車データ、交通状況、天候、町のイベントなどが考慮される。

Спасатели выходят из здания Yun Tsui, которое поддерживается подпорками после землетрясения городе Хуалянь, Тайвань - Sputnik 日本
人工知能、地震学者より17倍の地震検出が可能に
ソニーのパートナーとなったのは、グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線協同組合、日の丸交通の6社。

先にトヨタ自動車とJapanTaxがiAIを基盤とした同様のサービスの開発について発表した。トヨタはJapanTaxに75億円を出資する。また配車サービス大手Uberとタクシー大手の第一交通産業が配車サービスでの提携について協議している。

関連ニュース

「Uber」タクシー 20分乗車で1万8千ドル以上をカードから引き落とし

どの国のタクシーが最良か

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала