登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

テスラ製モーター搭載で古びたホンダ車が2.7秒で「時速100キロ」に加速【動画】

フォローする
米国でホンダ・アコード初代 SJ/SM型(1976-1981年)にテスラの電気モーター第1世代を搭載された。初テストでは、2.7秒で時速100キロに加速できることが示された。自動車ニュースサイト「モーター・ル」が報じた。

スプートニク日本

「Teslonda」と名付けられた車は543馬力を誇るテスラの改造エンジンを手に入れた。動画は「 Jimmy Built」さんがユーチューブに投稿した。

関連ニュース

ホンダ・シビック 1973年からの進化の歴史を一望する動画が登場

露の「ラーダ」、中国で日独車に対抗か

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала