中国初の宇宙実験室、4月にも地球に落下か

© AP Photo / Xinhua/Wang Sijang天宮2号
天宮2号 - Sputnik 日本
大気圏再突入で燃え尽きなかった中国の宇宙実験室「天宮1号」が4月、地球に落下する確率は60%だと、米国の宇宙ゴミ追跡サイトが予測を修正して発表した。

スプートニク日本

予測によると、残骸が大気圏再突入する可能性は4月が60%、3月が20%、5月が20%となっている。

Художественное изображение черной дыры в созвездии Девы, поглощающей рекордные количества материи - Sputnik 日本
NASA、月面飛行のため巨大望遠鏡WFIRST打ち切りの可能性
天宮1号は2011年9月29日に打ち上げられ、中国は世界で3番目の有人ドッキングを成功させた国となった。

天宮1号は2016年3月末に完全に機能を停止した。

天宮1号の後継機として2016年9月15日、実験室「天宮2号」が打ち上げられた。

関連ニュース

トランプ氏、ISSの民営化を提案

宇宙人との遭遇にみんなはどう反応するか、研究者が語る

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала